秋のホワイトケアの3つの成功ポイント!メラニンは70日間作られ続ける

美白ケアアテニア

ホワイトケアが必要なのは夏の終わりまでと思っていませんか?

実は、メラニンは紫外線を浴びてから約70日間もの間ずっとつくられ続けています。

秋ならではのホワイトケアの成功ポイントを押さえて、透明感あふれる白肌を目指しませんか?

秋のホワイトケア3つの成功ポイント

1.ひたすらメラニンの増加を抑え続ける

メラニンは70日間つくられ続けるから

シミ・くすみのもとメラニンは、紫外線を浴びてから70日もの間生成され続けるため、夏が終わってもホワイトケアは必要です。

油断せずに、メラニンの増加を抑え続けることが重要です。

2.美肌成分がぐっと届く肌に整える

ダメージを受けた肌では届かないから

夏のダメージでゴワついた肌に、いくら美白美容液を使っても成分は十分に届きません。

美白成分がしっかり働ける肌にすることが必要です。

3.ブルーライトや大気汚染もカットする

シミの原因は紫外線だけではないから

実は、紫外線だけがシミの原因ではありません。
ブルーライトや大気汚染、近赤外線も肌細胞に刺激を与えてシミの引き金に。

だからこそ、1年中守り抜くケアが大切です。

メラニンは70日間つくられ続ける

メラニン

夏に浴びた紫外線・・・70日後の今も、メラニンは作られ続けています。

シミやくすみのもととなるメラニンは、紫外線を浴びた2日後から生成が始まり、その後、約70日間ずっとつくられ続けると言われています。

秋の初めに、急にシミやくすみが気になってくるのは、そのためです。

だからこそ、この70日間続くメラニンの生成を抑え込む、積極的なホワイトケアが大切なのです。

肌は紫外線や、炎症などの刺激を受けると、肌を守るため、メラノサイトに働きかけてメラニンをつくります。

このメラニンをつくる働きは、細胞ダメージから守る大切な機能です。

しかし、メラニンが過剰につくられ、ターンオーバーでうまく排出されないと、シミになり、肌がくすんで見えます。

<シミができる流れ>
  • ステップ1
    ターンオーバーによって、肌表面に上がり、やがて古い角質とともにメラニンも排出されます。
  • ステップ2
    細胞の中でメラニンが酸化して濃くなり、黒色化します。
  • ステップ3
    肌を守るため、各細胞にメラニンを受け渡す。
  • ステップ4
    メラニンの生成が活性化されます。

日焼け止め フェイスプロテクトミルク「陽断(ひだん)UV35」

陽断(ひだん)UV35
シミの原因、ブルーライトや待機温泉もしっかりカット

◯ブルーライトや大気汚染もシミの原因に

シミは紫外線だけでなく、ブルーライトや近赤外線などの有害光線や大気汚染の刺激でもつくられます。

スーパーバリアシールダーなら、メラニンを増やすあらゆる外的要因から肌を徹底ブロックします。

◯乾きやすくなる秋でもクリームタイプでしっとり

湿度の低下と夏の紫外線ダメージで乾燥が気になる秋。

紫外線をはじめ、あらゆる有害光線のカットはもちろん、「エマルジョンネット処方」で、水分の蒸散を抑制し、乾燥からしっかり守ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました